会社設立の資本金について

 

・会社設立困ったときは相談してみましょう
会社設立には細かな手続きがあり、記入しなくてはならない書類などもたくさんございます。
1人で会社の設立を行う事ももちろんできますが、なかなかの時間を要してしまいます。
会社設立の大きな流れではまずは定款の作成→資本金の振込→登記。
この順番で手続きを行います。
会社を設立するにあたり、決めなくてはならないことはまずは会社で何の事業を行うのかを明確にしましょう。
例えば、洋服屋さんであれば衣類の小売というような具体的な業務内容を記します。
次に会社名を決めましょう。
自分のこれから作り上げていく会社名ですので、悔いの残らないような素敵な会社名を付けてあげましょう。
ここで大企業と同じ会社名はつけることが出来ませんので気をつけましょう。
次に資本金を決定しましょう。
資本金は会社の最初に用意する資金です。
1円からいくらでも良いですがここで少し注意が必要です。
まず1000万円以下の法人は最初の2年間消費税が免除されます。
ですので1000万円以上の資本金で法人を立ち上げた場合は初年度から消費税がかかります。
できれば1000万円以下の資本金スタートがお得です。
逆に1円の場合は、今後新規取引をする会社様にも登記簿を提出することが多くございます。
この時にあまりにも資本金が少ないのも何となくパッとしませんのである程度の資本金を用意するのが好ましいと言えるでしょう。

 

・困った時は士業の先生へ相談する
会社設立で困ってしまった、なんだかよくわからないという場合は士業の先生に相談してみると良いでしょう。
というのも会社設立はせっかくのビジネスプランをお持ちなのですから、なるべくスピーディーに事業開始をしたいものです。
ビジネスプランも生もの。
あまりに時間が経ってしまうわけにはいきません。
スピーディーに確実に会社設立をするためには専門家への相談がベストです。
既にお付き合いのある先生がいらっしゃるようであれば良いのですが、初めての場合は知人から紹介をしてもらったり、インターネットで検索してみたりすると良いでしょう。
会社の財務に関しては運営してからも年末調整や決算と続きますのでできれば専属の会計士や税理士に依頼しておくと良いです。
決算や年末調整も自分でやるとなると専門の知識などが無いと難しいです。
会社設立時からお願いしてしまうほうが無難ですね。
まずは無料相談を上手に利用してみることをお勧めします。

会社設立!中国人の印鑑証明書

 

会社設立を中国人の経営者が行う場合は、印鑑証明書等の書類はどうすればいいのでしょうか?
印鑑証明書と聞くと、日本人しか作れないような感じがしますが、どうなのでしょう……。

日本での会社設立の時の登記手続きでは、代表取締役は、印鑑証明書を法務局に提出しなければなりません。
中国人やアメリカ人などの外国人が会社設立をする時は、印鑑証明書を発行してもらうことはできるのでしょうか?

それについて説明すると、例えば中国人が印鑑証明書を発行する場合は、日本人と同じように印鑑を作って、それを住民票のある市区町村役場で印鑑証明書の申請を行うことで、日本人と同じように印鑑証明書を作ることが可能です。
ただし、外国人の場合は、在日公館を通してサイン証明書をもらうことで、印鑑証明書の代わりとすることができます。
ただ、手軽にできるのは印鑑証明書の発行の方なので、もし中国人の方で、日本国内の制度を使って会社設立を考えている場合、印鑑をまず作ってから、印鑑証明書の発行と登記手続きをするといいでしょう。

ちなみに日本での会社設立の手続きは、比較的簡単になっていますが、外国人が日本で会社設立をする場合は、ビザを取得する必要があります。
これは日本人が、逆に海外に行った場合でも、同じようにビザの取得が求められるため、仕方のないことだと言えるでしょう。

例えば、タイで現地法人を設立する場合、タイのビザを取得して、発起人なども用意しなければなりません。
また、監査人としてタイの公認会計士を用意する必要があり、日本で会社を設立するより海外で現地法人を設立する方が、少し手続きが難しくなっています。
このような海外での会社設立手続きは、その業務をサポートする法務の専門家がいますので、そちらに相談すると、手続きからビザの取得までをワンストップでやってもらいますので、活用してみると良いでしょう。

ちなみに日本で会社を設立する場合は、登記手続きとして法務局と公証人役場を利用することになります。
この二つの公的施設に必要書類をいくつか提出することで、めでたく法人が認められたことになる仕組みです。

会社設立後にも、税務署や都道府県税事務所市区町村役場などに、会社設立を知らせる届出書などを提出しなければなりませんが、トータルで見て外国で現地法人を作るより、日本の制度は、はるかに簡単に法人を作れるようになっています。
法務局や市区町村役場の窓口では、会社設立に関する相談を受け付けてくれますので、そちらに詳しい手続きのことを質問しに行くといいでしょう。
会社設立を考えている人は、この機会にチャレンジしてみましょう。

会社設立後の営業開始日はいつ?

 

会社設立日と営業開始日には違いがあります。
「会社を作るから、今日から仕事をします」と言って簡単に始められるものではありません。
そもそも会社設立日と営業開始日には明確な違いがあります。簡単に説明すると、会社設立日というのは諸々の手続きを終わらせて会社として認められた日、営業開始日というのは諸々の準備を終わらせて実際に会社として活用を始める日と言えます。

実際になかなか基準がないのでわかりませんが、それぞれ設立する企業や会社によって違ってきます。
実際に会社設立だけであれば、代行してくれるサービスも多く、設立だけなら簡単に済ませることもできるでしょう。
しかし、実際に営業を始めるとなれば、また違ってきます。そこはそれぞれ違いがあるということを理解しておくことが必要となるでしょう。
まずはそこを理解していくことが必要です。

それでは、簡単な例を出してみます。わかりやすいように自営業の人の例を見てみます。
自営業で店を出す場合、まずは店を運営するために必要な手続きを済ませなくてはなりま
せん。
国に店を出す許可を貰う他、税務署などに開業届けを出さなくてはなりません。

その他、役所に営業の通達をすることも重要です。それらが終わって許可を得て、始めて会社設立日となります。
ただ、自営業の場合は実際に営業するまでに、店を構えたり備品を用意したりすることが必要となるでしょう。
それらがすべて完了して、ようやく店を開けるようになってこそ、営業開始日となります。

この違いに関しては感覚的に違ってきますし、人によって順序も違ってきます。先に準備をすべて済ませて、その後に必要な手続きを進めるという人もいるでしょう。
それぞれ違ってくるので、わからないという方は会社設立をサポートしてくれるところに相談してみてください。
そうするだけでも、かなり役立つことが多いです。

会社設立の場合は、司法書士や行政書士、社労士や税理士などに相談することができます。
それぞれ得意としている分野が違ってくるのですが、信頼できるところを見つけておくと良いのではないでしょうか。
近年は色々とサポートも充実しているところがあるので、初めて会社設立を考えている方でも安心です。

まずいつぐらいから営業できるのかを計算しておき、必要な手続きも進めていきましょう。
負担が大きい場合は、それこそ代行に頼んですべてやってもらうのも良いです。

会計の相談

会社設立から会社経営をしていくうえで常について回るのが会計に関する問題で、これは自分たちで行うこともできますが、できれば専門家に任せてしまったほうが間違いもなく安心です。
まずは会計に関する悩みを相談するところからはじまると思いますが、こういった悩みは一般的に会計事務所に持ち掛けることになります。
会計事務所には税理士や公認会計士が所属しており、会計全般の専門家が揃っていますので基本的にどんな悩みでも解決できるでしょう。
続きを読む “会計の相談”

書類作成の相談

会社設立時に相談したことはたくさんあると思いますが、もっとも多く聞かれるのは書類作成についてです。
会社設立時の書類は定款や登記書類の作成など専門知識を必要とするものもあれば、市町村役所に取得しにいかなければならないもの、またその業種にのみ必要になる書類もあります。
さらに会社設立後にも税務に関する書類や労働保険、社会保険などの手続きをするために各種申請書類を用意しなければならず、書類の数だけでもかなりのものです。
それだけ書類があるとどれが必要で、どれが必要ではないのか分からなくなりますから、あらかじめ自分に必要な書類は何か調べておくといいかもしれません。
続きを読む “書類作成の相談”

会社設立の相談窓口

会社設立するときにはいろいろな悩みが出てくるものですが、そんなときのための相談窓口にはどんなところがあるのでしょうか?
ここでは困ったときに相談できる窓口を紹介していきますので、会社設立手続きについて知りたいことがあったら問い合わせてみてください。
続きを読む “会社設立の相談窓口”

悩み相談するときのポイント

会社設立に向けて動き出している人の多くは、あふれる野心を持つ一方で大きな不安も抱えているケースがほとんどだと思います。
新しいことをはじめるときには大きなリスクが伴いますし、それまで安定した生活をしていたなら尚更自問自答する時間も増えるでしょう。
そんなネガティブな要素が出てきたとき、そしてこれからどうするべきか分からないときには悩みを相談できる相手が欲しいものです。
続きを読む “悩み相談するときのポイント”

ベンチャー企業の相談

新たな会社設立を検討している人の中には、これまで培った経験や技術を使ったり、まったく新しい発想から事業を起こしたいという野心を持った人も多いと思います。
新しい事業を起こすというのは非常に勇気のいることで、まだ誰もやったことがないことにチャレンジするわけですから、革新的かつ創造的でなければいけません。
こういった新しいタイプの企業のことをベンチャー企業と呼びますが、ベンチャー企業を設立するときには一般的な企業と比べてリスクも大きいですし、前例がない分苦労するケースもあります。
続きを読む “ベンチャー企業の相談”

会計事務所に相談

会社設立を考えているけど頼れる専門家に相談したい、そんな人も多いと思いますが、最近では会計事務所に相談する人が増えているそうです。
会計事務所と聞くと税理士がいて、主に税金関連の相談や支援をしているイメージがありますが、今はそれだけではなく会社設立手続き全般を扱っていて、相談から支援まで幅広くできるところが多いそうです。
続きを読む “会計事務所に相談”

会社設立準備の相談

会社設立に向けて準備を進めるとき、詳しい人に相談しながら進めていくとスムーズになりますが、どこに相談すればいいのか分からないという人も多いと思います。
そこで今回は会社設立準備の相談ができる場所を紹介していきますので参考にしてください。
続きを読む “会社設立準備の相談”