会社設立後の営業開始日はいつ?

 

会社設立日と営業開始日には違いがあります。
「会社を作るから、今日から仕事をします」と言って簡単に始められるものではありません。
そもそも会社設立日と営業開始日には明確な違いがあります。簡単に説明すると、会社設立日というのは諸々の手続きを終わらせて会社として認められた日、営業開始日というのは諸々の準備を終わらせて実際に会社として活用を始める日と言えます。

実際になかなか基準がないのでわかりませんが、それぞれ設立する企業や会社によって違ってきます。
実際に会社設立だけであれば、代行してくれるサービスも多く、設立だけなら簡単に済ませることもできるでしょう。
しかし、実際に営業を始めるとなれば、また違ってきます。そこはそれぞれ違いがあるということを理解しておくことが必要となるでしょう。
まずはそこを理解していくことが必要です。

それでは、簡単な例を出してみます。わかりやすいように自営業の人の例を見てみます。
自営業で店を出す場合、まずは店を運営するために必要な手続きを済ませなくてはなりま
せん。
国に店を出す許可を貰う他、税務署などに開業届けを出さなくてはなりません。

その他、役所に営業の通達をすることも重要です。それらが終わって許可を得て、始めて会社設立日となります。
ただ、自営業の場合は実際に営業するまでに、店を構えたり備品を用意したりすることが必要となるでしょう。
それらがすべて完了して、ようやく店を開けるようになってこそ、営業開始日となります。

この違いに関しては感覚的に違ってきますし、人によって順序も違ってきます。先に準備をすべて済ませて、その後に必要な手続きを進めるという人もいるでしょう。
それぞれ違ってくるので、わからないという方は会社設立をサポートしてくれるところに相談してみてください。
そうするだけでも、かなり役立つことが多いです。

会社設立の場合は、司法書士や行政書士、社労士や税理士などに相談することができます。
それぞれ得意としている分野が違ってくるのですが、信頼できるところを見つけておくと良いのではないでしょうか。
近年は色々とサポートも充実しているところがあるので、初めて会社設立を考えている方でも安心です。

まずいつぐらいから営業できるのかを計算しておき、必要な手続きも進めていきましょう。
負担が大きい場合は、それこそ代行に頼んですべてやってもらうのも良いです。