書類作成の相談

会社設立時に相談したことはたくさんあると思いますが、もっとも多く聞かれるのは書類作成についてです。
会社設立時の書類は定款や登記書類の作成など専門知識を必要とするものもあれば、市町村役所に取得しにいかなければならないもの、またその業種にのみ必要になる書類もあります。
さらに会社設立後にも税務に関する書類や労働保険、社会保険などの手続きをするために各種申請書類を用意しなければならず、書類の数だけでもかなりのものです。
それだけ書類があるとどれが必要で、どれが必要ではないのか分からなくなりますから、あらかじめ自分に必要な書類は何か調べておくといいかもしれません。

もしそれがどれなのか分からない場合は専門家に相談するのがおすすめで、最近は会社設立に特化した企業や会計事務所に聞けばすぐに教えてくれます。
こういったところは相談だけなら基本無料で行ってくれますし、会社設立全般をサポートしてくれますので初めての会社経営になる人にはとても心強い存在です。
さらに手続き代行や書類作成もやってくれるところが増えており、こういったところは相談から手続きまで一挙に引き受けてくれますのでまったく知識がない状態でスタートしても問題ありません。
代行業者を利用する場合、ただアドバイスのみを受けるプランもあれば、一部の手続きのみ代行してもらうプラン、すべてを代行するプランと分かれているところがほとんどなので使い勝手もいいと思います。

書類作成依頼の中でももっとも多いのが電子定款の作成ですが、これは専用ソフトを導入したりしなければならないので自分でやるとけっこうコストがかかります。
しかし代行業者に依頼してしまえば自分の思った通りの定款をしっかり作ってくれるので、書類作成の手間も省けてほかのことに時間を使えます。
また弁護士や司法書士の事務所とも連携が取れているので必要に応じてそちらを紹介してくれますから、もし対応できなくなっても安心です。
株式会社と合同会社の書類申請では違う点があるので会社の形態によって相談するとよいでしょう。