会計事務所に相談

会社設立を考えているけど頼れる専門家に相談したい、そんな人も多いと思いますが、最近では会計事務所に相談する人が増えているそうです。
会計事務所と聞くと税理士がいて、主に税金関連の相談や支援をしているイメージがありますが、今はそれだけではなく会社設立手続き全般を扱っていて、相談から支援まで幅広くできるところが多いそうです。

会社設立の流れとしては、はじめに事業計画書を作成し、許認可の確認、法人印の作成などの準備からはじまり、定款の作成・認証を行い、登記書類の作成、資本金の振込、登記申請という順番で進めて会社設立となります。
この一連の流れをひとつの場所でできれば楽ですし、費用も少なく抑えることができるのでおすすめです。

こういった事務所のいいところはまず手続きを代行してもらえるところにあって、自分で行う手間が省けますからその分ほかの作業に手を回すことができます。
さらに税理士がいる強みもあり、たとえば創業融資や補助金についてのアドバイスももらえますから、資金調達に不安があってもやり方次第で解決できるかもしれません。
そしてこういった事務所は司法書士や弁護士事務所とも提携しているので、必要に応じてそちらからの情報提供や相談を受けられます。

このように会社設立に特化した会計事務所はそれを専業にしているだけあって、これから経営者になる人がスムーズに会社設立できるようにサポートしてくれます。
気になる利用料金もすべての流れを任せたとしても一般的な会社設立費用より少しだけ高い程度なので安心して任せられますし、一部の手続きのみ依頼することで大きくコストカットすることもできます。
たとえば電子定款の場合、専用ソフトを用意するなど導入コストだけでもけっこうかかってしまい、結果的に収入印紙代とあまり変わらなかったということになりかねませんが、その料金も5,000円程度でできるので大幅なコストカットを実現できます。